The Salmon Fishing baner

キングサーモンのジギング
世界初!スローピッチ・ジャーク・ジギングでキングサーモンを始めて釣りあげた森田様
 カナダ・BC州海域のキングサーモンフィッシングの中で、最も興味深く、効果的な釣りはジギングです。
 獲物を求め常に遊泳しているキングサーモン(シヌックサーモン)は、ニシンやニードル フィッシュ(イカナゴ)などのベイトフィッシュの群を発見すると、その回りで捕食のチャンスを伺います。この状態にあるサーモン達は、一ヶ所に留まっている時間が長く、やる気満々のため、ジグで釣ることが出来る状態にあります。
 カナダ・BC州の中でもキャンベルリバー周辺には、このようなベイトフィッシュが集中するサーモンフィッシングのポイントが数多くあり、ジグでの好釣の実績も多くあります。しかしながら、北アメリカの多くの釣り人は、底取りなどの技術を必要とし、常に竿を動かしつづけなければならないジギングよりも、船頭任せのダウンリガーの釣りを好むのが現状であり、ジギングは、ごく一部のマニアの間で密かに楽しまれている、まだまだ発展途上の分野といえるでしょう。
スローピッジギング、キャンベルリバーのキングサーモンキングサーモン
 一定のスピードで素引きをして魚の興味をそそるトローリングよりも、さまざまなアクションを自在に与えることができるジギングは、ボトムや潮流などの条件次第では、小魚を常食とするキングサーモンの本能をそそる最良の釣り方と考えられます。
 ここ数年はジギングのテクニックや様々な新しいタックルの開発により、ジギングは最もキングサーモンの釣れる釣法であるという結果が出ています。特にスローピッチ・ジャークのジギングは、サーモンの捕食層をゆっくり釣ることができ、魚にジグをアピールする時間が長いため、よい釣果につながります。また、スローピッチ・ジャーク・ジギングは様々なアクションで遊泳層を狙うことができ、ダウンリガーの棒引きでは釣れないキングサーモンの大物のバイトをおびき出すことができます。
 実際の釣行記は四国のスローピッチジギングの第一人者、チームモリタさんのブログ

 ・「2日目 世界初誕生 ジョンストーン海峡!!」

 ・「最終日 Tyee(タイイー)とご対面!!」

をご覧ください

スローピッチ・ジギング、森田さんと、タイイー・キングサーモン 実際に、今日は魚がいないのではというトローリングではお手上げの厳しい状況下で、確実に釣果を上げるスローピッチ・ジギングの実績から見ても効果的な釣り方であることは事実です。
 スローピッチ・ジャーク・ジギングは、日本で開発された究極のジギングであるため、まだ、ここキャンベルリバーやカナダ沿岸では無限の可能性のある釣法です。
 最近、日本のルアーフィッシングの進歩は目ざましく、釣法の研究とそれに伴う新しいタックルの開発により、より深く、より大きな魚を対象と出来るようになりました。
 日本のジギングファンの皆さん、日本の最新タックルを持って、キングサーモン(シヌックサーモン)のスローピッチ・ジャーク・ジギングに挑戦してみませんか?king





The Salmon Fishing in Canada
©copyright 2002-2004 AG-Fish Enterprises All rights reserved.